PG-CAM
PG-CAMNet

CNC平面研削盤
プロファイル研削盤用CAMシステム

摩耗した砥石で高精度成型加工を実現。

CCDカメラつきCAMシステム。

PG-CAM

FEATURE

特徴

摩耗した砥石を元にNCデータを作成

現在ご使用中のCNC平面研削盤やプロファイル研削盤にてテストピースを削り、PG-CAMⅡのCCDカメラに映すことで摩耗した砥石をCAMへ登録。
登録した砥石を元にNCデータを作成します。CCDカメラの倍率は45倍、60倍、130倍、200倍、300倍の5段階です。

CCDカメラ CCDカメラ
NCデータ NCデータ

CNC平面研削盤、プロファイル研削盤の両機種に対応

CNC平面研削盤、プロファイル研削盤モードの2つを用意しております。
各軸の名称、+-の方向も自由に設定できます。

CNC平面研削盤 プロファイル研削盤

初期投資を抑えた、ネットワーク版のPG-CAMNetもあります

PG-CAMIIの基本機能はそのままに、対象機種の選択や砥石形状の読み込み方法を変更してコストを抑え、月毎の使用契約として初期投資を抑えることができるPG-CAMNetもご用意いたしました。
使用したい月のみアプリケーションから契約できますのでお客さまの業務状況により自由にご使用可能です。
御社PCへPG-CAMNetをインストールし、弊社サーバーと接続し使用します。
契約単位はひと月毎で、毎月使用するかどうかをアプリケーション内にて更新します。
もちろん契約していない月に費用は発生しませんので、お客さまごとに自由な運用が可能です。
例えば、今月は高精度加工が多いので契約し、来月以降は未契約、再度高精度加工が必要になった時に再契約という使用ができます。
また、毎月の使用料も大変安価となっております。詳しくは電話もしくはメールにてお問合せください。
*インターネットへの接続が必要です。

PC-CAMnetの使用イメージ

ACTION

操作の流れ

  • 01
    倍率を決めます

    必要な精度や砥石先端Rの大きさに合わせて倍率を決めます。

  • 02
    PG-CAMⅡのCCDカメラに映します

    現在ご使用中のCNC平面研削盤もしくはプロファイル研削盤にてテストピースを削り、PG-CAMⅡのCCDカメラに映します。

  • 03
    砥石の先端形状に合わせます

    緑色の11個のポイントをドラッグし実際の砥石の先端形状に合わせます。

  • 04
    加工箇所を指示します

    DXFデータを呼び出して、加工箇所を指示します。その際の加工条件は対話式で非常にシンプルです。

  • 05
    加工の動きや干渉確認を行います

    加工指示した形状と登録した砥石形状を元にNCデータは自動で作成されますので、シミュレーションを行い、加工の動きや干渉確認を行います。

  • 06
    NCデータを現在ご使用中の機械へ移して加工します

    NCデータを現在ご使用中の機械へ移して加工します。RS232C転送もしくはUSBメモリにて機械へ移します。

SPEC

主な仕様

標準付属品 60倍~400倍手動切替式ズームレンズ
CCDカメラ
CCDカメラ用照明装置
XYテーブル(マイクロゲージ付き)
ズームレンズ倍率

70倍、100倍、200倍、300倍、400倍
60倍時視野 約5.4×4.0㎜
400倍時視野 約0.8×0.6㎜
XYテーブル移動量 各軸15㎜
回転軸(Z軸) 360°
テーブル大きさ φ90㎜

SPEC

導入までの流れ

  • 01
    お問い合わせ

    お問い合わせ

    お問い合わせフォームからご連絡ください。2~3営業日以内にご返信いたします。

  • 02
    現地デモ

    現地デモ

    ユーザー様へお伺いする現地デモを受け付けております。

  • 03
    お見積もり

    お見積もり

  • 04
    ご契約

    ご契約

  • 05
    納品

    納品

  • 06
    アフターサービス

    アフターサービス

CONTACT

お問い合わせ

安心して導入いただけるよう、現地デモ(PG-CAMⅡ)・サンプル加工(CG-0A、ViewCAM)も受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

TEL

03-3963-3833

  • 受付時間:9:00 - 18:00
    定休日:土日祝日、年末年始、GW、お盆、その他

メールでのお問い合わせ

PAGE TOP